お電話・メールでのお問い合わせはお気軽に

03-3409-7781

お問い合わせフォーム

03-3409-7781

MENU

クリスマス・イルミネーション

2017年12月28日木曜日|

長峯です。最後のブログ書き込みとなりました。
早いものでクリスマスも過ぎ,あっと言う間に来年がきます。皆さんはクリスマスイルミネーションを何カ所ぐらいみましたか。私の住んでいる高円寺の駅前ロータリーにも毎年ツリーイルミネーションが点灯してます。光の下の方には地元小学生の将来の夢が書かれたカードがついてます。七夕じゃないけどほっこりします。

世界に目を向けて見ると、クリエイターが挑むクリスマスイルミネーションがあるようです。中でも広告デザインを手がけるクリエーターが仕掛ける驚きの企画が紹介されていました。それはNHKで放映されているスーパープレゼンテーションという番組にありました。

南米コロンビアという国は50年にわたってゲリラ兵による暴力がまん延していて政府軍と内戦が続いてた国らしいです。平和のために使われた「広告の技術」は、広告クリエーター『ホセ・ミルゲ・ソコロフ』のプレゼンテーションは以外な方法で内戦をなくそうというものでた。クリスマスは西洋諸国では、家族が集まるとても重要なホリデーと位置付けられています。ゲリラの武装解除にクリスマス時期を使った企画です。
ゲリラは森の奥に隠れているので見つけ出すには困難を極めました。そこで電飾の「クリスマスツリー」にメッセージを括り付けたり、川に「メッセージ入りの光るカプセル」を流すものです。

「お母さんは怒っていないから戻っておいで」「家族で写った子供の頃の写真にメッセージ」など。そういう感情に訴えたのです。感情メッセージは、広告業界がモノを売るために磨いてきた技術ともいえます。そしてあるクリスマスに奇跡がおき、多くのゲリラ兵が戦いから足を洗い、家族のもとに帰って行きゲリラが遂には武装解除した。ということです。

平和な日本では広告手法でこのようなことはできませんが。この先、社会貢献ができる時は何かしらのプレゼンテーションができたらいいと思いました。以上です。
NHKは著作権が厳しので写真などが載せられませんが、TEDページなら見られます。
https://www.ted.com/talks/jose_miguel_sokoloff_how_christmas_lights_helped_guerrillas_
put_down_their_guns?language=ja

0 件のコメント

この記事に付いているタグ

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

ブログ

Instagram

ブログ

[2018年6月29日 金曜日]
今更聞けないサッカーユニフォームのデザイン
[2018年6月22日 金曜日]
コンポジション-モノが持つルール-展
[2018年6月15日 金曜日]
誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない
[2018年6月1日 金曜日]
故人を偲びつつ
[2018年5月25日 金曜日]
有名ブランドロゴのフォントってオリジナリティがない?

お知らせ

投稿はありません。

株式会社エポック

東京本社
〒150-0011 東京都渋谷区東2-6-18
03-3409-7781(代表)
03-3409-2588(ファクス)
名古屋営業所
〒492-8137 愛知県稲沢市国府宮2-6-7
栗木第二ビル三階
0587-33-1571
0587-33-1570(ファクス)
海外生産拠点
中国(上海・青島・大連)
ベトナム(ホーチミン)
PAGE TOP
PAGE TOP