お電話・メールでのお問い合わせはお気軽に

03-3409-7781

お問い合わせフォーム

03-3409-7781

MENU

色の力は絶大!?

2018年2月2日金曜日|minna

どうも!制作部の石原です!

私、色々なレトルトカレーを食べるという趣味がありまして、昨年の夏あたりからちょこちょこと食べているのですが、

とあるスーパーで見つけた衝撃的なカレーがありまして。。。。

それが、こちらのピンクカレーと言う商品。見た目は少女漫画に登場しそうな貴婦人(?)のイラストや花のデザインなどかなり女性向けのレトルト食品になっています。

その中でもとっても気になるのが、左下にある写真、そう!カレーソースがピンク!とても綺麗でインスタ映えしそうですが、正直ちょっと気味が悪い。だって、カレーっていれば茶系の食べ物っていうのが当たり前ですもんねぇ。まぁ、パッケージ写真だし、綺麗に修正しているんだろうと思いながら、先月、新年の記念にパッケージを開封してみました。

熱々ごはんにかけたのが、こちら。。。画像補正、加工一切していません!すごいでしょ〜。はじめ見た時は背筋がゾッとしましたね。このピンクはボルシチなどでお馴染みの野菜、ビーツを使って色を出しているようで、ものすごい発色の良いピンク色が再現されています。

こんなカワイイ色をしていながら、味は結構辛口。正直カレーというよりは、シチューのような感じですね。クリーミーでコクもあり、そしてちょっと辛い。

これ、正直、白やカレーのような茶色だったら、かなりおいしくいただけると思うんです。でもこのピンクは普段の食事には出てこない色なので、頭が混乱して全く美味しく感じない。これはとってもキツイ。

目から入ってくるイメージと味が全然違うので、食べていると気持ち悪くなってくるんですよね。私がそれだけ、カレーの色というものを自分の中でしっかりと定義付けてしまっているんですね。

もっと若かったら、こういったカレーでも受け入れられたのかもしれないですね。原宿とかだとこういったメニューを扱っているお店とかありますし。

 

さて、このピンクのカレーですが、こだわりがすごくって、カレーソースに入っている具材も中までピンク。ちなみに、写真はチキンです。しっかりピンク色に染まっています。

ピンクに対するこだわりは素晴らしいですね。

でも、それ故に完食するのにとても苦労しました。完食しましたよ〜。だって、このピンクカレー、税込で1000円以上するんですよ。残すのもったいないでしょ。

その後、胃もたれで寝込みましたけどね。トホホ。。。

 

今回わかったのは、自分で定義付けている色と全く違う色のものが来ると、同じ味でも頭が混乱しちゃうんですよね。そういう意味では青いミートソースとか食べられないかもしれないですね。

私はデザインなどする時も、色に対して柔軟でいたいと思っていましたが、こんなところで色の力を実感するとは、まだまだですかね。

 

ちなみに、このピンクのカレーはピンク華麗という名前の商品です。ちょっと高いですが、びっくりすること間違い無しなので、プレゼントなどにオススメです。

このカレーを普通に食べることができるあなたは新人類(古!)認定です!

 

ではでは、またお会いしましょう〜

 

 

0 件のコメント

この記事に付いているタグ

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

ブログ

Instagram

ブログ

[2018年6月29日 金曜日]
今更聞けないサッカーユニフォームのデザイン
[2018年6月22日 金曜日]
コンポジション-モノが持つルール-展
[2018年6月15日 金曜日]
誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない
[2018年6月1日 金曜日]
故人を偲びつつ
[2018年5月25日 金曜日]
有名ブランドロゴのフォントってオリジナリティがない?

お知らせ

投稿はありません。

株式会社エポック

東京本社
〒150-0011 東京都渋谷区東2-6-18
03-3409-7781(代表)
03-3409-2588(ファクス)
名古屋営業所
〒492-8137 愛知県稲沢市国府宮2-6-7
栗木第二ビル三階
0587-33-1571
0587-33-1570(ファクス)
海外生産拠点
中国(上海・青島・大連)
ベトナム(ホーチミン)
PAGE TOP
PAGE TOP