お電話・メールでのお問い合わせはお気軽に

03-3409-7781

お問い合わせフォーム

03-3409-7781

MENU

故人を偲びつつ

2018年6月1日金曜日|

少し前の話になりますが、歌手の西城秀樹さんが5月16日にお亡くなりになりました。

世代的に西城秀樹さんの曲をタイムリーで聴いていたわけではないのですが、有名な曲は不思議と記憶に残っていてます。

お亡くなりになってから、iTunes Storeのランキングも上位にランキング中。

*画像はhttps://itunes.apple.com/jp/album/70sシングルa面コレクション/1304074232より

有名なところでいくと「Y.M.C.A.」だったり「ブーメラン・ストリート」だったり「傷だらけのローラ」だったり70年代ですかね。多分本人が歌っている姿よりも、モノマネ芸人がモノマネしている姿の記憶の方が強いからなのでしょうか。タイムリーに聴いていたのは「ターンAターン」(アニメ「ターンAガンダム」OP主題歌)、「走れ!正直者」(アニメ「ちびまる子ちゃん」EDテーマ)かなぁ。

さて、話がややそれてしまいましたが、なぜか西城秀樹さんといえば「バーモントカレー」のイメージが個人的に強いです。「ヒデキ、感激!」というキャッチコピー、なぜか生まれてもいないのに私の記憶に残っています。ハウス食品が西城秀樹さんの訃報に際してコメントを寄せている様に、両者の結びつきは相当強かった様です。

今でこそ日本のカレーは国民食と言われるまで普及していますが、発売当時はカレーは辛い食べ物=大人の食べ物という認識でした。(私も辛くなければカレーじゃない!と思っている人間ですが)

*画像はハウス食品様のホームページより。

そんな通念を打ち払うべく開発されたのが「バーモントカレー」ということですが、発売当時からパッケージデザインには「リンゴとハチミツ」があしらわれています。広告も子供が食べれるカレーということで子供を中心に、CMで使われたビジュアルもとろける「リンゴとハチミツ」。香辛料の辛さを抑えるためのポイントとして取り上げられた「リンゴとハチミツ」ですが、発売当初はかなりの反発があったようです。

実際の商品開発の歴史等はハウス食品様のホームページに記載がありますが、既存のイメージを覆したコンセプトの商品、しかもこの辺りの商品コンセプトは現在のパッケージにも強く残っていて、リンゴにハチミツが垂れる画像は「バーモントカレー」の代名詞的なビジュアルになっています。そしてそんなブレないコンセプトで商品開発を進めてきたからこそ、50年以上も業界のトップを走り続けているのだなぁと感じながら、亡くなられた週の週末はバーモントカレーを作って食べておりました。

12皿分の方を買ってしまったので、まだ余ってる。。。

どうしようか思案に暮れてるこの月末です。。。

0 件のコメント

この記事に付いているタグ

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

ブログ

Instagram

ブログ

[2018年6月29日 金曜日]
今更聞けないサッカーユニフォームのデザイン
[2018年6月22日 金曜日]
コンポジション-モノが持つルール-展
[2018年6月15日 金曜日]
誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない
[2018年6月1日 金曜日]
故人を偲びつつ
[2018年5月25日 金曜日]
有名ブランドロゴのフォントってオリジナリティがない?

お知らせ

投稿はありません。

株式会社エポック

東京本社
〒150-0011 東京都渋谷区東2-6-18
03-3409-7781(代表)
03-3409-2588(ファクス)
名古屋営業所
〒492-8137 愛知県稲沢市国府宮2-6-7
栗木第二ビル三階
0587-33-1571
0587-33-1570(ファクス)
海外生産拠点
中国(上海・青島・大連)
ベトナム(ホーチミン)
PAGE TOP
PAGE TOP